退職金

『退職金を運用して、老後資金をふやす方法』をみずほ銀行のサイトに寄稿

みずほ銀行のサイト「50代から考えるこれからの暮らしとおかねのはなし」にコラムを寄稿しました。

みずほ銀行「50代から考えるこれからの暮らしとおかねのはなし」
『退職金を運用して、老後資金をふやす方法』
https://kurashi-okane.mizuhobank.co.jp/000128.html

人それぞれではありますが、退職金を受け取った時期は人生の中で最もお金を持つことになる方も多いものです。
長年勤めたご褒美のような意味合いもあるので、その資金を使うことを否定するわけではありませんが、ついつい気持ちが大きくなって散財をしてしまったり、理解が不十分なまま金融商品を購入してしまうことがないように注意をしなければいけません。

このコラムで書いているように、しっかりとライフプランを考えて退職金を目的別に分けて、その目的に合った運用を行うことはとても大切になります。

The following two tabs change content below.
老後のお金の不安解消アドバイザー(ファイナンシャルプランナー) 愛知県名古屋市生まれ 福岡県春日市在住 老後のお金の不安を解消する、ライフプランと資産運用&資産管理の専門家 「90歳まで安心のライフプラン」を合言葉にして、豊かな人生の実現に向けたライフプラン作りの支援を行っている。 独立から約16年にわたり相談業務を中心に実務派ファイナンシャルプランナーとして活動する傍ら、ライフプランや資産運用などのお金のことについて年間100回近い講演や、マネー雑誌やコラム等の原稿執筆を行うなど幅広く活動をしている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 退職金

    「退職金の預け先」定期預金、国債…少しでも有利なのは?のコラムをセネクトに寄稿

    老後のお金の不安解消アドバイザーの久保逸郎(くぼいつろう)です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

最近のコメント

    1. 退職金

      「退職金の預け先」定期預金、国債…少しでも有利なのは?のコラムをセネクトに寄稿
    2. 資産保全

      富裕層がお金を預けるスイスに学ぶ、資産保全の3つのポイント
    3. 投資環境

      世界経済は短期的に楽観的な見方も、宴の終わりに近づいている
    4. 資産保全

      富裕層がお金を預けるスイスに学ぶ、グローバル分散投資の三原則
    5. 老後の生活費

      老後資金はいくら準備したらいいの?
    PAGE TOP